太陽の里 ひまわり会とくらし会議

ひまわり会

ひまわり会01 太陽の里には、利用者による利用者の為の自治会「ひまわり会」があります。
6名の運営委員を中心に、仲よく楽しく暮らせるようにと、年間を通していろいろな行事を企画運営しています。

 

ひまわり会02

<ひまわり会行事>
神社清掃、花火大会、忘年会、ビデオ鑑賞会

 

 

ひまわり会03
夏の夜…暑気払いに花火大会を開催。
その後は皆でアイスを頂きます。

ひまわり会の行事は、『里の一年と色々な行事』でもご紹介しています。

 

くらし会議

利用者の皆さんは日々をこの太陽の里で暮らしています。太陽の里は皆さんにとって家であり、仲間たちは家族です。そしてこの「家」で気持ちよく楽しく暮らしたい・・・、それは皆の共通の願いです。

太陽の里では、利用者の皆さんの声を直接施設運営に反映させ、暮らしやすい太陽の里を創るため、2ヶ月に1回「くらし会議」を行っています。メンバーは各居室(13室)の代表者で構成され、アドバイザーとして職員が2名入って行われています。

そこでは、日々の生活の中で不便に感じていること、建物や設備で改善してもらいたいことなど、様々な意見が出されます。施設にとっても、そこに暮らす利用者の目線から得られる要望はとても貴重です。これまで「くらし会議」の中から、浴室に手すりが設置されるなど様々な改善がなされてきました。 また、自分たちでもできることをして暮らしやすい太陽の里にしようとポスターを作って皆に呼びかけたりもしています。